テレビを見るならアンテナ? それとも「ひかりTV」がいいの?

日本人はもうあまりテレビを見なくなったのでしょうか?
確かにテレビ離れという言葉をよく聞くかもしれません。主にインターネットに視聴者を取られてしまったという意見は少なくありません。
しかし、インターネットを少し見渡してもらえばわかると思いますが、ブログやSNSの話題の大半はテレビを情報源としています。
テレビとのつきあい方が変わっただけで、決してテレビ自体が必要なくなったというわけではないようです。

 

ところで、テレビを見る場合にアンテナを立てるという従来の方法以外に、「ひかりTV」という選択肢もありますがどちらがいいのでしょうか。
「ひかりTV」というのはNTTグループが提供している映像配信サービスで、
簡単に言うとアンテナではなくインターネットを使ってテレビを配信するという方法です。
結論から言うと「ひかりTV」の方がおすすめなわけですが、どうしておすすめなのかを理解してもらうために、
それぞれの特徴をまとめてみようと思います。

 

 

 

■アンテナでテレビを見るメリット・デメリット

 

アンテナの最大のメリットは、やはり費用を最小限にできることでしょう。
一軒家にしろ集合住宅にしろ、未だにUHFアンテナが立っていないところというのはまずないでしょうから、導入費はかかりません。
ただしUFHアンテナでは地上デジタル放送しか見られませんので、BSやCSを見たいのであれば、
別途それぞれに対応したアンテナを用意する必要があります。

 

またアンテナは電波を受信するという仕組み上、アンテナが破損してしまえば見られなくなってしまいます。
破損しないまでもBSなどは天候によって映らないときもありますので、安定度に難があるというデメリットもあります。

 

 

■ひかりTVでテレビを見るメリット・デメリット

 

ひかりTVのメリットは、膨大なコンテンツを楽しむことができるということです。
80以上の専門チャンネルだけでも大きなメリットですが、それに加えてビデオオンデマンドによって、
自宅にいながら好きな映画やドラマをレンタルできるサービスも利用できます。
カラオケやショッピングなども楽しむことができますし、本格的にテレビを楽しみたいのであれば、ひかりTVで決まりでしょう。
もちろんテレビだけではなく、パソコンやスマートフォンからも利用できるというのも大きなメリットですね。

 

デメリットとしては、やはりアンテナと比べればコストがかかることでしょう。
またフレッツ光との契約も必須というのもデメリットかもしれませんが、
インターネットは結局どこかしらと契約することになるので、これはたいしたデメリットではありませんね。

 

また、ひかりTVはアンテナから電波を受信するわけではないので、
気候の影響をまったく受けないというメリットもあるのは見落とせません。

 

▽新居に必要なテレビとインターネットというインフラ

 

新築一戸建てを手に入れたとしても、それはただの箱に過ぎません。
せっかくの新築を活用するためには、それに相応しいインフラを導入する必要があります。
水道やガスのような基本的なインフラから、太陽光発電やオール電化のような流行りのインフラまで、用意するべきものは少なくありません。
これら水道光熱費と同じぐらい、近年では大切なインフラがあります。それはインターネットとテレビです。

 

インターネットとテレビという二大インフラを導入する上でおすすめの方法があります。
それがNTTグループが提供するフレッツ光と「ひかりTV」を選ぶという選択肢です。
今回は、なぜ「ひかりTV」がおすすめできるのかを説明したいと思いますので興味のある人は参考にしてみてください。

 

まず新築一戸建てに求めるものは何でしょうか?
それはいろいろあると思いますが、実際に引っ越してみて求められるのは外観です。
家の中に入ってしまえば生活感が出てしまいますので、新築といってもあまり体感できなくなります。
しかし、外から自宅を見れば、そこが新築だということを感じられますよね。

 

新築をより美しく見せるために必要なことは、アンテナのような無駄なでっぱりを作らないことです。
ひかりTVはインターネットを利用したテレビ配信サービスですので、アンテナを立てる必要がありません。
地デジに必要なUHFアンテナはもちろん、BSやCSのアンテナすら必要ないので、新居の景観をまったく崩しません。

 

もちろん見た目だけでなく、サービス内容でもおすすめできるのが、ひかりTVです。
ひかりTVは80以上の専門チャンネルをHD画質で見放題ですし、もちろん録画をすることもできます。
アンテナでこれだけのチャンネルを見ようと思ったら、複数のアンテナが必要ですが、ひかりTVならそれも不要です。
ビデオオンデマンドで家にいながら映画やドラマをレンタルすることもできますし、ひかりTVがあればいつでもテレビで情報から娯楽まですべてを手に入れることができます。

 

ひかりTVを利用するためには、NTTのインターネットサービス「フレッツ光」に加入する必要があります。
インターネットはどこかしら選ぶことになるわけですから、天下のNTTを選んでおいて間違いはないと思います。
もし新居にテレビとインターネットというインフラを導入するのであれば、フレッツ光とひかりTVをセットで導入するのがおすすめです。

 


超お得ないろんなキャンペーンを行っているフレッツ光代理店↓
ただし、代理店に有利なおすすめをしてくるので注意!
自分でしっかり細かくプランを選んで自分でできる方はこちらがオススメ!

【全国対応・フレッツ光代理店】


⇒フレッツ光のお得な特典の詳細はコチラ


面倒な代理店のお申込みトラブルなど一切なし。
親身に相談してもらっておうちに合った最安値のプランが選べるフレッツ光公式サイト!↓

フレッツ光公式


フレッツ公式サイトはこちら

テレビを見るならアンテナ?それとも「ひかりTV」がいいの?関連ページ

新築一戸建てに引っ越す
新築一戸建てに引っ越すなら、フレッツ光で決まり!
インターネットプロバイダはどこの業者がいい?
インターネットプロバイダはどこの業者がいい?
インターネットとテレビを導入するなら「ひかりTV」がこれからはおすすめ
インターネットとテレビを導入するなら「ひかりTV」がおすすめ
インターネット対応マンションでフレッツ光を利用しよう!
インターネット対応マンションでフレッツ光を利用しよう!
インターネットの回線は「フレッツ光」しか考えられない
インターネットの回線は「フレッツ光」しか考えられない

このページの先頭へ戻る